9月3日:晴れ:木曽御嶽山:魔利支天山2959m
{日本の山岳信仰の対象となった山のうちの一峰が摩利支天と呼ばれている場合があり、
その実例として、木曽御嶽山(摩利支天山)、乗鞍岳(摩利支天岳)、甲斐駒ヶ岳があげられる}

昨年から行きたいと願っていた魔利支天山に夫と挑みます(๑˃̵ᴗ˂̵)و
IMG_20160902_201432.jpg
勿論二人分の準備は、わたくしが。。。(ะ`♔´ะ)
ガス、ストーブ、鍋、カップ麺用の水!は、夫の45Lザックに。。。私は25Lザックで楽をさせて頂きます☆
剣ヶ峰周辺は当然立ち入り禁止です、登山口から硫黄の匂いがプンプンします。
DSC_0456.jpg
小坂登山口、迷うことなく到着(ノ≧ڡ≦)
DSC_0416_201609032153300cf.jpg
{ジョーズ岩}「ジョーズってあの映画からとったんか?」「人食いサメ全てをジョーズと言うんだろうか。。。?」
DSC_0419_20160903215331e8c.jpg
{蛙岩}「無事帰ろ、って意味の蛙岩か」「犬に見えると思わんけ?」「。。。」
DSC_0420_201609032153333ca.jpg
どーでもいい会話を交わし、比較的登りやすい傾斜を登って行きます(๑˃́ꇴ˂̀๑)
DSC_0424_2016090322134813e.jpg
なだらかに登り、森林限界に達すると、一気に視界が広がり世界が変わります☆
DSC_0425.jpg
沢山の神様がいらっしゃるお山です!やっと来れました!(嬉)
DSC_0426_201609032213513eb.jpg
私が何も言わなくても手を合わせている夫、彼のいいところです(ここしか無い)(笑)
DSC_0431.jpg
「おい、天狗様がいらっしゃるぞ」「あら天狗様イケメンなのね」
DSC_0433.jpg
流石、御嶽山です!山岳信仰、山岳崇拝という言葉がぴったりです(♡ >ω< ♡)
DSC_0434.jpg
{五の池小屋}食べ物も充実しています、お味噌もこだわって手作りだそうです(≧▽≦)
DSC_0436.jpg
コバルトブルーの三の池、ビュンビュン風が強くって。。。冷たくて。。。帽子が飛ばされそうです★
00010009.jpg
ここから先が。。。面白い!楽しい!⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
DSC_0439.jpg
黒くて軽い石や岩がのゴロゴロ、それが過ぎると、平べったく大きめの石がゴロゴロ。。。(。☌ᴗ☌。)
DSC_0440.jpg
分岐、ここから二の池方面に行けますが立ち入り禁止区域に近づきます(´-ω-`)
DSC_0441.jpg
魔利支天山の頂上へ行くには、ちょ~っぴり怖いと感じる所も歩きます★
DSC_0442_20160903224950d46.jpg
「頂上でラーメン作ろうっか」。。。と話していましたが、そんな場所はございません!(きっぱり)
DSC_0444_2016090322495296e.jpg
取り敢えず三角点タ~ッチ☆
DSC_0445_201609032250185c2.jpgDSC_0443_2016090322501789b.jpg
「五ノ池小屋でラーメンにしよっか」ピストンします。
どこからか転げ落ちて、絶妙なこの位置で止まった岩が。。。神業や~(๑◔‿◔๑)
DSC_0448.jpg
「いっただっきま~~~す②」+。:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。+゚
DSC_0450.jpg
お腹も満たされ、魔利支天山も堪能でき、の~んびり下山します♪
DSC_0452.jpg
一体一体に手を合わせ、撫でれば福がくるとか。。。合掌、撫で撫で撫で撫で(・ω<)☆
DSC_0453.jpg


標高2900m以上ですが、無理せず登れる素晴らしいお山でした+。:.゚(๑>◡╹๑)(๑╹◡<๑):.。+゚
Screenshot_2016-09-03-16-43-.pngScreenshot_2016-09-03-16-44-.png
素晴らしい景色と刺激に感謝!
スポンサーサイト
新着記事一覧