濁河御嶽山の岐阜県側からのメインコースである小坂口コースの拠点となるのが濁河温泉。温泉街の東端に小坂口コースの入口がある。昨年このコースより摩利支天山に登頂、その際遠くに見えた二ノ池小屋(新館)、夫が行ってみたいと言うので山友のはるちゃんをお誘いし三人で下呂前泊し御嶽山にお邪魔します。

7月15日下呂泊、16日:晴れ:今行けるギリギリの御嶽山二ノ池まで。。。

DSCN2718_201707162215007ee.jpg


有難いお天気です☆今日から飲み物はOS-1、時々塩飴も摂取しながら歩きます。
歩きも変わりました、はぁはぁしない程度で小幅でゆっくり疲労しないように歩きます。
はるちゃんと夫のペースを邪魔しては悪いので、途中から最後尾でのんびり歩きます。

DSC00312.jpg


DSCN2663.jpg


DSCN2664.jpg


DSCN2668.jpg


今が一番美しい高山植物の女王コマクサを、お花の写真係(夫)が撮ります。

DSCN2671.jpg


DSCN2670.jpg


DSC00324.jpg


私は大好きなお地蔵様を撮りながら登って行きます。ほぼ皆さん御嶽山山頂方向を向かれています。

DSCN2665.jpg


DSCN2667.jpg


五ノ池小屋到着、トイレちっぷ100円で、綺麗なトイレを使わせてもらえます。
中ではケーキまで売っていて、お洒落なカフェです☆
ここから二ノ池に行くルートは2つ、三ノ池の側を通るルートと摩利支天山へ行く途中の分岐から行くルート。
私の調べでは三ノ池ルートはまだ雪があるため、少し遠回りですが摩利支天山途中の分岐をチョイス。

DSCN2672.jpg


DSCN2679.jpg


見たことのない白いシャクナゲ、2000mを越えた場所では枝は大きくなれずに足元に咲いています。

DSC00336.jpg


DSCN2676.jpg


DSCN2684.jpg


DSCN2680.jpg


賽ノ河原はチングルマのお花畑です。
風が強く寒いです体感温度10度くらいです、レインウェアの上を着ます。北陸でも2000mを越えたらこれくらいの寒さは欲しいです。

DSCN2685.jpg


DSCN2690.jpg


DSCN2686.jpg


DSCN2689.jpg


DSCN2692.jpg


夫念願の二ノ池到着。ここまで来ると、痛々しい傷跡が浮き彫りになります。
大きかったであろう二ノ池は火山灰で分断され、噴火の大きさを見せつけます。
(分断されたのではなく、元々の池は小さくなり、新たに小さい池が出来たのかもしれません)

Point Blur_20170716_212305


DSCN2698.jpg


風とガスが強くなり、修復中の二ノ池新館でランチにします。
梅の甘露煮、梅干し、合鴨のハム、プチトマト、笹寿司、カップヌードルが今日のランチです。
もうダイエットに。。。なんてスープヌードルは食べません、山ではがっつり飯再開です(笑)

DSCN2702.jpg


DSCN2701_201707162335187eb.jpg


ランチ後外へ出ると、真っ白けっけ!ガスガスです。レインウェアを着てても耳は悴み手も悴み真冬です。
ピストンします、幸い緑のロープが目印で迷うことはありません。
夫は相変わらず、私のお古のレインウェアで桃レンジャーです(笑)これを平気で着るところが彼らしい。

DSCN2704.jpg


DSCN2705.jpg


DSCN2709.jpg


五ノ池小屋となりの飛騨山頂に寄り、下山開始です。

DSCN2710.jpg


段々ガスも晴れ暑くなり、虫も暴れだし虫よけスプレーでは追い付かず、登り時と同じネットを被り歩きます。
なんだったんだ、あの真冬は。。。。。。。。。
昨年同様、濁河温泉で汗を流し(リンスインシャンプー、ソープ有、入浴料500円)帰宅します。

Screenshot_2017-07-16-22-11-.png


DSCN2717_201707170001085f5.jpg


寒暖の差の激しい山行でした。
そんなこんなでバテない山行、先週からの課題も含めて勉強になりました。全員の無事に感謝♥

スポンサーサイト
新着記事一覧