銚子ヶ峰は、岐阜県郡上市と高山市にまたがる、標高1,810 mの山。両白山地に属し、続ぎふ百山に選定されている。石徹白大杉の下の登山口からの白山に至る美濃禅定道のルートで銚子ヶ峰から三ノ峰を目指す。銚子ヶ峰山頂までは、石徹白大杉と神鳩ノ宮避難小屋の間には女人禁制の白山に登ろうとした泰澄の母を神様がしかったと伝えられる「おたけり坂」があり、その坂の上部に泰澄が差した杖が根付いたと伝えられる「カムロ杉」と泰澄の母が雨宿りしたと伝えられる岩屋がある。石徹白大杉付近には「熊清水」と呼ばれる湧水がある見どころ満載のコースです。

5月21日:灼熱の晴れ:はるちゃんをお誘いし三人でれっつらご☆

DSC_0829_20170522094223b4f.jpg


石徹白大杉の脇に、水芭蕉が咲いていました。
ほとんど残雪は無いと思って来ましたが、銚子ヶ峰に行くまででもかなりの残雪、雪渓も想像以上です。
夏道、残雪、夏道、残雪と登って行きます。腐った雪で余分な体力を使いますが、ツボ足で大丈夫です。

004_20170522094858621.jpg


DSCN2378.jpg


DSCN2380.jpg


DSCN2383.jpg


DSCN2385.jpg


DSCN2386.jpg


銚子ヶ峰とうちゃこ☆綺麗です☆何もかもが美しい☆
少しだけ休憩し、これからが我慢どころ意気揚々と激下りします。まだ咲き始めの桜並木道もありほっこり♪
昨日三ノ峰小屋で一泊されたメンズとすれ違い、昨日三ノ峰手前の雪渓で男性が滑落したとの情報を下さる。
かなりの急な雪渓で冬山装備が必須とのこと。。。私達、軽アイゼンしか装備していませんが(汗)
とにかく自分の目で見るまで諦められない性分で、行けるところまで行ってみる。

DSCN2387.jpg


DSCN2388.jpg


一ノ峰、二ノ峰クリア、いよいよ来た三ノ峰手前の雪渓、遠くから見るとなだらかに見えたけど、かなりの急です。
私たちを追い抜いたお兄さん、ツボ足で挑戦、5m位登ったでしょうか、敗退。
次に来た若者、軽アイゼンで10m位登り立ち止まる、腐った雪の上に直登すぎて、敗退。

ごくり。。。

未熟な夫が2、3m挑戦しました。1m離れて私が後につきます。「やっぱ無理だよ、降りよう」と声を掛け一歩後退したその時
「あ」っと声がして上を見ると夫が落ちてきます。私を巻き込み勢いはダウンしましたが、私にぶつかった衝撃で夫は仰向けになり
頭から落ちていき、下ではるちゃんが膝をつきストックを刺し構えて下さり、滑落した夫にタックル。事なきを得ました。

DSCN2393.jpg


DSCN2391.jpg


ここ!そう!滑落現場、ここなんです!離れて見ると急には見えませんでしょ。もう少し雪が硬かったら。。。

IMG_20170521_211357.jpg


それでも私とはるちゃんは行けそうな所をあちこち探します。夫は安全な所でステイ(笑)
笹に掴まって行ったとしても、雪渓をトラバースは逃れられません。もし登れても下りは危険度120%、私達、ここで敗退。

DSCN2392.jpg


なだらかな所まで下り、ランチにします。
はるちゃんに頂いたキューリと手作りチェリージャムを挟んだクラッカー☆めちゃ美味☆記念写真も撮り下山開始。

DSCN2395.jpg


Point Blur_20170522_091044


下山時のアップダウンは、強烈に辛い!母御石に上がり、また来てやる~!(笑)

DSCN2400_20170522103640696.jpg


DSCN2403_201705221036274f7.jpg


Screenshot_2017-05-21-16-28-.png


寒いと思ってダウンまで持ってきたのに、2000mまで登っても真夏並みの暑さ。。。
残雪で首、頭を冷やしながらの下山でした。はるちゃんには学ぶところが沢山あります、また遊んで下さいね☆
三ノ峰に洗礼を受け、心引き締まる山行でした、感謝☆

スポンサーサイト
新着記事一覧