ずっと気になっていた、冬季限定の銀杏峰から部子山縦走、亀足の私でも夜明けとともにスタートすれば行けるかも。。。
単独、気合充分!おっしゃ~☆6時から登るぞ~!あ。。。れれ?キャンプ場まで除雪されていない。。。
え〝ー、ここから歩くの~?ポキン、心が折れた★

DSC_0825_2017031117404888e.jpg


今日の部子山はやめとけって神のお告げよね(笑)☆即気分を変えて荒島岳に向かいます☆
お題に{銀杏峰部子山からの荒島岳}って、三座したような言い方ですが、ちゃうちゃう(笑)

DSC_0826_20170311174050dd5.jpg


唯一福井県で日本百名山に選定されている荒島岳、標高1,523mの山、なかなか手ごわいお山でございます。

3月11日:晴れ:まだ6時半ですが流石荒島岳、県外のお車10台以上です☆
登っている方を見上げると、早々にわかんを履かれています。序盤は踏み抜く程雪がゆるいんでしょうか。。。
なんて思いながら、私も駐車場からわかん装着で登ります。

002_20170311175651f72.jpg


にゃほ~、美しい空です。何故か皆さん雪に悪戦苦闘されていらっしゃるので、お先です、お先です、お先です。
ゆるい雪なんかじゃありません、今週降った雪がたっぷりです。
はっ!!!先頭の前は踏み跡がない!

003_20170311175652990.jpg


004.jpg


Point Blur_20170311_172744


008.jpg


010_20170311180814748.jpg


013.jpg


少しづづ少しづづ雪も深くなって、当然交代でラッセルです。私ったら何でこんな位置に着いてしまったんだろう(笑)
わかんを履いて膝上までの雪に荒島岳の傾斜が加わると、雪上に足は持ち上がりません。
ストックを両手に持ち雪をかき、膝で雪を崩して足をかける。。。私の番が来ても、私はただただ足踏み状態(汗)
私なんてはっきり言って足でまといです!後方から「代わりますよ」ホッ(笑)
第一部隊から後ろの方々との間は一定の距離を保っています。第一部隊以下は誰もラッセルしたくないんですよね、私だって(笑)

014_201703111819114cc.jpg


もちがかべ辺りを登ったら、アイゼンに履き替えますが、まだまだラッセルは続きます。
「おーい、後ろの30歳以下、交代してくれー」やっと2、3人特攻隊が参戦しますが、あ!っちゅう間にギブ。
関西から来られた第一部隊の仲間が(もう仲間意識十分です)「期待はずれやな」ぷぷぷ、言いますね~関西人☆

015.jpg


DSCN2190.jpg


もちがかべからお二人が引き返した以外は、第一部隊と特攻隊とで山頂に☆
祠のてっぺんの一部が微かに見えています。{荒島岳}と書かれた木も先っちょだけ。。。タッチ♪
急に後方から登ってきた方々が、我先にと写真を撮り(笑)手柄でもとったかのようにウンチクをたれるじいちゃんまで登場(汗)
とっとと(下山)逃げます。

DSCN2195.jpg


DSCN2194.jpg


DSCN2196.jpg


DSCN2197.jpg


DSCN2198.jpg



第一部隊とは登りも同じ時間なら下りも同じ、こんな荒島岳も楽しかったね、と語り合い静かに下山しました。
勇者の皆さん、ありがとうございました☆数回回ってきたラッセルも役立たずで申し訳ありませんでした。皆様に感謝です☆

{例の関西人、今日初めてわかんを使ったというのに、ほぼ一人でラストスパートして下さり、しかもビシッと高級なウェア着込んだ
メンズをよそに、アディダスのウォームアップの上下にショートゲーターを雪が入らないようにガムテープを貼り。。。
お口は悪いが、言うだけのことはある清々しい方でした、ありがとうございました。}

↓第一部隊のお仲間が、ヤマレコにUPしておられた写真をお借りしました。ハットを被った私がおりました~(笑)

tmp_imgresize.jpg



スポンサーサイト
新着記事一覧