大倉岳、石川県白山市と小松市の境に位置する山で、大倉岳高原スキー場や鳥越高原大日スキー場が広がる、標高651mの山である。かつては銅鉱山として栄え、煙害で緑が失われていた時代もあったが、現在はミズバショウ群生地があったり、アカマツやコナラの林に囲まれるなど、緑を取り戻している。


1月15日:(やっと)これぞ!冬!的なお天気です。
今まで偶然にも好天候ばかり経験している夫に、「雪山のラッセル行くか~?」「行く行く~」(笑)
わかんデビューの夫です、そう難儀でもなく、ほどほど歩けて、他の人に迷惑にならない程度人の少ないお山は。。。

DSC_0818_20170115182255099.jpg



そそ!ここ、大倉岳!あら、思ったより雪が豊富なのね。。。いきなりスタートからわかん装着です。
夫のレインウェアは私のバイク用のレインウェアなのでピンクです(笑)
自分のわかんを踏んで転んでいます(笑)

DSCN1944.jpg


「ラッセル交代しようか?」「うん」即決?

DSCN0236.jpg


{ほとけ峠}を過ぎると(わかん装着状態で)深いところで膝まで沈みます。
風が通るところは足首まででそう嘆く程の深さではありません。

DSCN0238.jpg


振り向くと「あ、お父さん、後ろ青空や!」

DSCN1954.jpg


ポーズ慣れしたのか?言わなくても満面の笑みで、ポーーーーズ(笑)

Point Blur_20170115_180259


今日は誰も歩いていない新雪を楽しんでいます、先頭は気持いです☆「そろそろ交代」

DSCN1960.jpg


今の時期の山の天候は一瞬にして変わります、低山だからって油断禁物です。

DSCN1946.jpg


吹雪いてきました、夫はひたすら歩きます。

DSCN1962.jpg


GPS確認、山頂まで後1Kも無いと思います。。。が!「お父さんここで引き返そうよ」「えー?」
大粒のアラレが降ってきました。「今12時半やし、今日はここまで」「もうちょっと行けるよ。。。」

Screenshot_2017-01-15-12-27-.png


山では私が隊長です!後1時間早かったら登りますが冬は13時前には降りる!隊長の指示に従って頂きます。

DSCN1966.jpg


「あ、見える?荒波の日本海が見えるよ」メガネが曇るので外して歩く夫、0.01のお目目じゃな~んにも見えません(笑)

DSCN1967.jpg


たった二人だけのトレース。。。
急に雷がゴロゴロゴロゴロ、「降りて良かった~」「でしょ?」

DSCN1970.jpg


が、直ぐに晴れ間が。。。これが冬山なんですね~☆

Point Blur_20170115_180236


登山口まで後少しの所に{ほとけ峠}由来が記され、蓮の花を左手に仏様が立っておられます。
落ちていた小枝を持って真似します。。。「私達お互い、いくつなんや!って話しやね」(大笑)

DSCN1972.jpg


お腹ぺっこぺこで下山、Pの{ぽっぽ汽車展示館}冬期雪囲いがされ閉鎖ですが、脇から入れます。
流石にここでガスを使って、は、×でしょう。パンを食べて今日の山行は終了~~~♪

Screenshot_2017-01-15-15-43-.png


昨年綿向山でアイゼンの前爪を引っ掛けて体ごと2回吹っ飛び転び、二本のストックの必要性を肌で感じ即買ってきて。。。
今日はわかんを踏んで、わかんの幅を肌で感じ。。。
ひとつづつ、ひとつづつ、山を登るように。。。


帰り道、小松、せせらぎの郷で、汗と途中敗退の涙(?)を洗い流します。
ボディーソープ、リンスインシャンプー、無料ドライヤー有りで、一人370円、「えええええ?安!」

DSCN0247.jpg


山頂には到達出来なかったけど、たった二人占めの大倉岳。
今日も(今年も)無事なスタートに感謝☆ありがとうございました☆
スポンサーサイト
新着記事一覧